銀行のカードローンをお得に利用できる理由やその特徴など

お得に借りれる銀行カードローン

銀行カードローンは低金利

銀行において個人が利用できる融資としては、住宅ローンや学資ローン、
マイカーローン、フリーローン、カードローンなど様々なローン商品があります。

住宅ローンや学資ローン、マイカーローンは借りたお金の使いみちが決まっている目的ローン。
購入する住宅や車が担保代わりにもなります。
フリーローン、カードローンは借りたお金の使いみちが自由なローンです。
中でもカードローンは個人の方が銀行から無担保・保証人不要で融資をうけることができ、
ご利用限度額の範囲で何回でも繰り返し借り入れすることが可能です。

銀行のカードローンは利便性の高い融資であることから、近年特に注目を浴びています。
同じような借り入れができるカードローンとしては、消費者金融のカードローンが挙げられます。
無担保・保証人不要の使途が自由な借り入れという点では似ていますが、
両者には借り入れ条件において多くの違いがあります。

  借入限度額 実質年率 総量規制 即日融資
銀行カードローン 最大1000万円 2.5%~14.6% 対象外 可能
消費者金融カードローン 最大300万円 4.7%~18.0% 対象 可能

※代表的なカードローンにおける比較

簡単に比較してみるだけでも、これだけの違いがあります。
特に金利(実質年率)については銀行カードローンでは、かなり低金利で借り入れが可能ですから、
お得に借り入れたいなら、まずは銀行カードローンを検討するべきであると言えます。

銀行カードローンの審査について

銀行のカードローンと言うと審査に厳しく時間が掛かるイメージがあります。
これには総量規制の対象外であるという点も、少なからず影響しているといえます。

■消費者金融会社や信販会社、クレジット会社などの貸金業者は総量規制の対象です。
総量規制では個人の方が貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超えてはいけないと、
利用が規制されています。しかし銀行は貸金業ではなく銀行業であるために総量規制の対象外です。

総量規制の対象である貸金業者の審査は、年収の3分の1を超えていないことと、
個人信用情報において延滞などの金融事故歴さえなければ、ほとんどの場合審査に通過できます。
つまり、総量規制という数値での条件があるために、
この条件さえクリアできれば審査に通りやすく時間も短縮できるともいえるわけです。

一方、銀行の場合は総量規制というひとつの振り分け条件が無いわけですので、
年収以外のところでも、融資を行うのに適した人物であるかどうかを判断しなければならないのです。
こういったことから、審査に厳しく時間がかかる傾向にあったのは事実です。

迅速な審査を可能にするために

しかし最近では銀行のカードローンにおいても、即日での審査を行っている場合が多いです。
これは、迅速な審査を得意とする消費者金融や信販系業者と提携し、
保証業務を行うことで、これまで銀行が苦手としてきた、
迅速な審査を行うことが可能になっているといえます。
ただし、当然ながら年収に対して他社の借入が多い場合はご利用できないことがあります。

さらに、カードローンを利用する銀行に口座を持ってない場合には、
口座の開設が条件となる場合もあり、この口座開設のために
審査に時間がかかってしまう場合もありました。
最近では、特に口座を持っていなくても、利用可能であるカードローンも多く用意されています。

おすすめサイト

boogiethemovie.com

youngcreativechevrolet.com

銀行カードローン Contents

COPYRIGHT© 2014 お得に借りれる銀行カードローン ALL RIGHTS RESERVED.